トップ

成績で学校のクラスを分ける方法

学校の成績順クラス

学校での成績順クラスの良し悪し

メリット、それはやはり、成績順でクラス分けされることによる細かい指導にある。特に公立の受験ではない中学校であれば、やはり、偏差値の差もでてくるのは当然である。以前の高校受験の形式である前期、後期選抜はなくなり、共通選抜へと変更。これにより、カリキュラムをこなすのが精一杯になってしまい、塾に頼らざるを得ない状況を招きつつあるのだ。とはいえ、デメリットもある。個人情報の厳しい世の中。塾でさえ、点数、名前の公表を控えてきている。クラス分けすることにより、思春期の子供の心はどうなるかも焦点となる。分けることよりも、そのことによるケアを学校側がどれだけできるのか、これにつきると思えてならない。

障害者

成績順でクラス分けをする利点

クラス分けは、成績順を考慮して決めます。成績のいいクラス、悪いクラスに分けてしまう学校と、クラス間での成績に差が出ないようにクラス分けを行う学校の2種類があります。どちらの方法にもメリット、デメリットが存在します。例えば、前者の場合、成績のいい子供達はより発展的な内容を、成績が良くない子供たちはより基礎からじっくりと学べるように教師たちが意識してくれます。一方で、成績があまりよくない子供達が劣等感を抱く可能性や、学習意欲が低下する恐れも否定できません。後者の場合、学習におけるクラス間での問題は起きにくいかもしれませんが、教師は平均的な授業しかできません。よって、成績のいい子供は物足りなさを感じ、成績の悪い子供は置いてけぼりになる可能性があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 成績で学校のクラスを分ける方法. All rights reserved.